黒猫の憂鬱 / 君が僕を追い越すまで

Jacket320

2016年のインディーズ・アイドルシーンで注目を集めるセルフ・プロデュース・
アイドル『黒猫の憂鬱』がファーストにしてラストとなる待望のアルバムをリリース。

 

作詞・作曲を担当する“くり子”と振付を担当する“さゆなし”が繰り広げる、予測不能で破天荒なステージングと、
オルタナティブ・ロックを彷彿させるサウンド、繊細でエモーショナルな歌詞が織りなす世界観が話題となり、
アイドルファンのみならず音楽好きの間で広く支持され、注目を集めた。

2016年10月23日をもって解散する“黒猫の憂鬱”が最後に贈るアルバム『君が僕を追い越すまで』
全曲、作詞・作曲はメンバーのくり子が担当。アレンジ・ミックス・マスタリングはシングル『君に花咲け』
『家庭の事情』に引き続きS.A.L. as ROMANTIC PRODUCTION、Yuya Tokunaga(MALDIC STUDIO)が担当。
アートワークはShunji Yamada(MALDIC STUDIO)が手掛ける。

~君が僕を追い越すまで~圧倒的なスピードで駆け抜けた二人のアイコン『黒猫の憂鬱』が完結する。

kuroneko_SQ
<プロフィール>
黒猫の憂鬱は作詞・作曲を担当するくり子、振付を手掛けるさゆなしの2人からなるセルフ
プロデュースアイドル。
2015年8月デビュー初ライブ
2016年2月シングル「君に花咲け! / 少年A」 発売TRASH-UP!! RECORDS
2016年8月シングル「家庭の事情」発売 TRASH-UP!! RECORDS
2016年10月23日ワンマンライブ@渋谷Milkyway 解散



コメントを残す